スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8.1の問題?


Windows8.1をインストールしてWindowsUpdateを行ったのだが、
更新プログラムを確認中になぜかエラーになる。

win81_wu1.jpg


表示してるエラーコード、8024402C について記載している、
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-update-error-8024402c
によると、

◎他のプログラムで SVCHOSTのインターネット アクセスが妨げられている。
とか
◎職場のネットワークに接続している場合は、更新プログラムの取得にWSUSを使用している可能性があるので、管理者に聞いてね。
とか書いてあるけど、
どっちもオイラのPCには当てはまりません・・・


他のサイトで、
◎ウイルス対策ソフトで妨害される可能性がある
って書いてあったけど、クリーンインストールしてるのでそんなものは何も導入してない。
強いて言えば、標準装備のWindowsDefenderだけだ。

デフォルトでインストールされるWindowsDefenderが、WindowsUpdateを邪魔するとは考えにくいが、
まあ、Microsoftのやることなので、何が起こるかわからない。

とりあえず、無効に設定してからWindowsUpdateを実行してみる。

しかし、現象は変わらない。
相変わらず8024402Cエラーが発生する。


ところが、エラーになっても再実行のボタンをクリックすると正常に実行される場合がある。


正常に実行される場合がある ということは
標準的なネットワーク接続の設定自体は問題無いけど、他の原因で接続が不安定になる??
と思って、Windows8.1でネット接続が勝手に切れる現象を検索してみた。


すると、マイクロソフトコミュニティサイトに次のようなスレッドがあった。
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows8_1-networking/windows81%E3%81%AB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97/700efd75-3006-4488-bcb8-d4ca7f0b95b5

その中でネットワークアダプタの設定を変更すると解決した という返信があったので、実行してみると、
エラーが無くなりました!


問題の箇所は、
大容量送信オフロード という項目(英語表記は Large Send Offlord)
これをオフにするといいらしい。

win81_ns1.jpg



でもね、Vistaや7で同じ項目を見てみるとオン状態になってるし、今までそんなエラーが発生したことは無い。
なぜWindows8.1だけエラーが出るのだ??


ネットワーク周りは詳しく知らないので、
大容量送信オフロード っていうのを調べてみると、どうやらこういうことらしい。
http://e-words.jp/w/TSO.html


つまり、CPU処理の一部をアウトソーシングしてるわけですね。


要するに、
WindowsVistaやWindows7のアウトソーシング先はそれなりにやってたけど、
Windows8.1のアウトソーシング先は仕事はやったかもしれないけど、管理者が間抜けだった。

ってことになるのだろうか?(^^;;


いろいろ調べてみると、これはVista時代からあった問題のようです。
環境によっては、オフロード関連がオンになってると処理が遅くなるようなので、
オフにしておくほうがいいらしいですね。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

WindowsXP Proのメモ その3


マイクロソフト セキュリティ情報
を見ると、2014年1月度のリストに
Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
が見当たりません。

無いと言うことは、普通にアップデート出来るかも?

やってみると、問題無く終了。


ていうか、
◎数ヶ月前からアップデートしてないWindowsXP
◎再インストールしたWindowsXP

これらのマシンでも問題無く終了しました。


svchost100%の件が修正されてるようですね。


サポートは残り数ヶ月しかありませんが、
これで、アップデートに戸惑うこと無く利用できそうです。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

WindowsXP Proのメモ その2


Gigazineに
「Windows XPでCPUの使用率が100%になるバグにMicrosoftがパッチ配布予定」
http://gigazine.net/news/20131217-windows-svchost-bug-patch/
という記事がありました。

これで、WindowsUpdateの途中でフリーズする件も解決出来るかなと思ったけど、
リンクされてるサイトを機械翻訳してみると、2014年1月とはっきりと書かれてるわけではなく、
And we want to make sure the next fix is the last and comprehensively solves this for our customers.
と書かれているだけ。
next fix というのを好意的に考えると2014年1月だけど、個人的には期待度50%。

とりあえず、IEのセキュリティパッチを先に適用する方法は、頭の片隅に置くほうがいいかもしれませんね。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

WindowsXP Proのメモ


以前にこちらのエントリで、XPを再インストールするときのメモを記載しました。

svchostが100%になり続けるのを回避する内容で、
KB905474とKB2879017を適切に適用すれば、問題無く終わります。

以後のWindowsUpdateは問題無いだろうと思っていたのに、
2013年11月のアップデートを行ってみると、

「このコンピュータに該当する最新の更新プログラムを確認しています」

の表示から先に進まない現象が再び発生!


またか・・・
と思って、疑わしいと思われる、
IE用の累積的なセキュリティ更新プログラム KB2888505
を先に適用してみることに。
(12月アップデートの場合はKB2898785です)

結果はOKでした。


前回同様、「IE用の累積的なセキュリティ更新プログラム」の最新版を先に適用しないと、WindowsUpdateが正常に処理しないようです。


IE6利用者だけかと思って検索してみると、IE7でもIE8でも発生する模様。

自動更新設定にしていてsvchostが100%になる時間が長かったり、手動更新でも確認が異常に長い場合は、
11月アップデートの場合はKB2888505
12月アップデートの場合はKB2898785
に関係する問題だと思われます。


これって、毎回やらないとダメなのかな・・・

(追記)
WSUS向けではありますが、マイクロソフト社員は把握してるようです。
一般向けの対応が待たれますが、公式見解が無いので、どうなるかわかりませんね。
参照 → Japan WSUS Support Team Blog


(さらに追記)
この問題の解決をマイクロソフトに求めても、サポート期間が残り少ないので難しいかもしれません。
2014年4月までは、IE用のアップデートだけ先に適用して乗り切る必要がありそうです。

IE用のアップデート最新版は次のようなキーワードでヒットしますのでお試しを。(2013年12月の場合)
Internet explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム 2013年12月

検索でヒットしない場合、マイクロソフトの一覧から探すのも一つの手ですね。
マイクロソフト セキュリティ情報

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

Windows Vistaのメモ  KB2761494の件


以前こちらのエントリにて、

WindowsVista で KB2761494 を適用すると、sfcで正常に処理できない。

という理由で、今まで適用を見送っていたのですが、

適用しても問題無く処理出来ることが確認できました。



事の発端は2013年10月のアップデート。

いつものように、KB2761494以外をアップデートしたのですが、
その後、USB機器を接続する際の効果音が変わったことに気がつきました。

ていうか、元に戻ったと言った方がいいかもしれません。

もともと、USBを接続したときは、
ビボン
という効果音が1回だけだったのに、
KB2761494を適用して、アンインストールしたあとは、
ビボン・・・・ビボンビボン
といった感じの効果音に変化。
接続を繰り返してるのか?? といった感じですっきりしませんでした。

それが、2013年10月のアップデート後は、
ビボン
という効果音が1回の状態に戻ったのです。


アップデートで何かが変わったと思われます。


で、
先日、仮想マシンにVistaをインストすることがあったのですが、なぜか、
Windows Driver Framework(バージョン 1.11) KB2761494
が、WindowsUpdate でオプション扱いになってました。(以前は「重要」だった)


前述の効果音の件もあり、もしかすると改善されたのかも? と思って適用してみることに。


適用後にsfcを実行してみると・・・・

エラーが出ません!

問題無く適用されてるようです。


修正されずに放置するのかと思っていたのですが、思わぬ誤算w

この件はこれにて終了~

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

エリアX

Author:エリアX
 
気になることを実験。
忘れないように記録。
こんなことをやってるブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。