スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nijiの代わりにSopCastを使ってみたときのメモ その7


PeerBlockを使って中国と韓国のIPをブロックした状態にすると、SopCastの送信量は変わるのか実験してみました。


以下、10分間の送信量です。
計測にはTCP Monitor Plusを使用しました。
チャンネル名は伏せますが、全てHQのチャンネルです。

Ch A
  3.554 MB(PeerBlock有)
  6.149 MB
Ch B
  3.313 MB(PeerBlock有)
  5.750 MB
Ch C
  9.612 MB(PeerBlock有)
  8.516 MB
Ch D
  2.771 MB(PeerBlock有)
  4.250 MB
Ch E
  4.479 MB(PeerBlock有)
  9.922 MB
Ch F
  2.577 MB(PeerBlock有)
  3.759 MB


1つだけPeerBlockを使うと送信量が増えてますが、ほとんどのチャンネルは送信量が減る傾向になりました。
10分間しか計測してないので、長時間計測すると結果が変わるかもしれませんが、とりあえず目安として、
中国と韓国のIPをブロックすると送信量は減る
と言えそうです。
スポンサーサイト

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エリアX

Author:エリアX
 
気になることを実験。
忘れないように記録。
こんなことをやってるブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。