スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Vistaのメモ  KB3078601について


今回は、Windows Vista(x86)をUpdateしたときのメモです。


2015年8月のアップデートを適用するため、WindowsUpdateを実行したのですが、

確認時間が長すぎ!!
なんだこれ!?

もともと確認時間は長かったOSですが、それでも今までは10分程度で終わっていました。
しかし今回は1時間弱もかかっています。

さすがにこれだけ時間がかかると、何かトラブルでも起こったのかと思いますよね。

しかも、確認を行っている間はCPU使用率が50%程度まで上昇するので、別の作業するにも不都合が生じます。
その原因となるプロセスは svchost

ん?これって・・・
以前起こったWindowsXPの不具合と同じ雰囲気がありそうです。

そこで、その時の例にならって、
Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム(今回の場合は、KB3078071)
を先に適用してみることにしました。
が・・・?
先に適用しても、相変わらず確認する時間は長いです。


どうやら他に原因があるようなので、仮想OSでいろいろテストしてみました。

その結果、
Windows Vista 用セキュリティ更新プログラム (KB3078601)
x86用 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48360
x64用 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48391

を先に適用すると、確認時間が短く(通常状態)なることがわかりました。


この更新プログラム、必ず最新版を使用してください。
というのも、
8月15日時点ではWindowsUpdateで取得するファイルと、スタンドアロンインストール用のファイルは異なっていたと思われるのです。
なので、スタンドアロンインストールは事実上インストールが不可能でした。
(一見インストールしたように見えても、インストール後にWindowsUpdateを行うと必ず再リストアップされる。)

私はこのファイルを使い続けていたので、すっかりハマりました・・・

ところが、8月20日に再度ダウンロードすると、ファイルサイズが異なるものがダウンロード出来ます。
このファイルがおそらく正式なファイルなのでしょう。
もし、手元にKB3078601のファイルがあれば、要再確認です。

8月20日時点でのファイル詳細(大丈夫なファイル) x86用です
KB3078601_ok1.jpg

KB3078601_ok2.jpg


8月15日時点でのファイル詳細(使っても意味ないファイル) x86用です
KB3078601_ng1.jpg

KB3078601_ng2.jpg





Vistaユーザーが少ないので、こういうトラブルの情報を検索してもなかなかヒットせず困りました・・・w

出来ればノートラブルで延命したいので、こういうWindowsUpdate絡みのトラブルは今回だけにしてほしいですな。

スポンサーサイト

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

エリアX

Author:エリアX
 
気になることを実験。
忘れないように記録。
こんなことをやってるブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。