スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED電球のメモ その3


蛍光灯もLED照明も、光が高速で点滅しています。
その点滅が、ちらつきとして感じることがあるようです。

私がちらつきを感じたことがあるのは寿命末期の蛍光灯や安定器が悪い(?)蛍光灯ぐらいで、それ以外で感じたことはありません。

まあでも以前から少し気になってたので、今使っているLEDのちらつきを調べてみることにしました。

調べてみると言っても測定機材の持ち合わせが無いので、デジカメの映像で簡易的に確認しただけです。


さて、電気用品安全法サイトの資料によると、
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/hourei/seirei/110706_presentation.pdf
このファイルの28ページ目に、
繰り返し周波数が100Hz以上で光出力に欠損部がない、又は、繰り返し周波数が500Hz以上のものは「ちらつきを感じないもの」と解釈。
と書いてあります。

と言うことは?
ざっくり言うと、繰り返し周波数が100Hz以上だったら概ね無問題ってことでしょうか。
非インバータの蛍光灯の場合、100Hz(60Hz地域は120Hz)で動作してるから、これを目安にしてるのかもしれません。

とりあえず、繰り返し周波数が100Hzというのは最低条件のようです。


手持ちのデジカメには高速連射機能があり、5fps、10fps、15fps、30fpsで撮影可能です。
そこで、10fpsと15fpsで撮影して違いを比較してみます。
検査基準をぎりぎりクリアしている製品であれば、15fpsの撮影で影響が出そうです。

今回確認したのは以下の5品目です。
三菱化学 LDA7L-G/V2
東芝 LDA6L-G/40W
トップバリュ TVA60L-G、TVA60N2-G
パナソニック HH-LC553A


◆三菱化学 LDA7L-G/V2
10fpsで撮影
問題ありません。
ledf_LDA7L-G10.jpg

15fpsで撮影
縞模様が出ます。
ledf_LDA7L-G15.jpg


◆東芝 LDA6L-G/40W
10fpsで撮影
問題ありません。
ledf_LDA6L-G_10.jpg

15fpsで撮影
問題ありません。
ledf_LDA6L-G_15.jpg


◆トップバリュ TVA60L-G
10fpsで撮影
問題ありません。
ledf_TVA60L-G_10.jpg

15fpsで撮影
縞模様が出ます。
ledf_TVA60L-G_15.jpg


◆トップバリュ TVA60N2-G
10fpsで撮影
問題ありません。
ledf_TVA60N2-G_10.jpg

15fpsで撮影
縞模様が出ます。
ledf_TVA60N2-G_15.jpg


◆パナソニック HH-LC553A
10fpsで撮影(全灯状態)
問題ありません。
ledf_HH-LC553A_10h.jpg

15fpsで撮影(全灯状態)
問題ありません。
ledf_HH-LC553A_15h.jpg

10fpsで撮影(明るさを一番暗くした状態)
問題ありません。
ledf_HH-LC553A_10L.jpg

15fpsで撮影(明るさを一番暗くした状態)
画像では一見問題無く見えるのですが、TVA60L-Gの縞模様をものすごく薄くしたような縞模様が出てます。
ledf_HH-LC553A_15L.jpg


ちらつきに関してだけ言うと、
有名メーカー品は、繰り返し周波数を高く設定してできるだけちらつきを回避してる と考えて良いのでしょうか?

しかしながら、画像で縞模様がでた製品も、電気用品安全法の基準はクリアしているはずなので、よほどひどい製品で無い限りちらつきを感じることは無いと思われます。
どうしても気になる場合は、有名メーカー品を購入した方が無難でしょう。




おまけ
LEDと言えば照明だけじゃなく、テレビのバックライトもLED。
そこで、テレビの画像も連射機能で撮影してみました。
テレビの型番は KDL-32EX42H です。

10fpsで撮影
ledf_tv10.jpg

15fpsで撮影
ledf_tv15.jpg

あら・・・w
すごい縞模様w

ちらつき規制前の製品(2011年製造)だから、電気用品安全法の適用外なのかもしれません。
ていうか、照明に関しては規制があったけど、テレビのバックライトの規制って無かったような・・・?
とりあえず繰り返し周波数の100Hzはクリアしてるようですが、画像を見る限りぎりぎりクリアって感じがします。
照明器具ほど明るくないけど、テレビと言えば直接その光を目で見るだけにこの結果は残念。
まあ、ちらつきを感じることは無いのですが、照明と違ってテレビってこんなもんですか??


なお、
ここでテストしたデジカメ写真は、あくまで簡易的な判定です。
縞模様があるからといって、ちらつきがある というわけではありません。
ちらつきがあるのかも? というニュアンスで捉えていただければ幸いです。

これらの製品は今でも愛用していますし、もちろんちらつきも感じていません。
スポンサーサイト

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

LED電球のメモ その2


前回、トイレの電球をLED電球に交換したのですが、そのとき交換したのは電球色。

もともと普通の電球が付いてたので電球色でもいいのですが、他の場所の電球をLED化するときに、
暖色系は風呂場近辺だけにして、その他は昼白色のLED電球にしようと思いました。

昼白色のLEDで購入したのはこれ。
TVA60N2-G
TVA60N2-G_p.jpg


トップバリュのLED電球は情報が少ないので、良いのか悪いのか判断しにくいのですが、
トイレの電球として数ヶ月使用して特に問題無く使えてるので、まあ大丈夫かな?と思ってます。

パッケージが異なってたので違う製品かと思ったのですが、実物の見た目の変化はありません。

しかし、スペックは若干異なるようです。

旧製品と比較すると、
以前の製品 明るさ810lm 消費電力9.4w
今回の製品 明るさ896lm 消費電力8w

こんな感じです。

明るさが増えたのに、消費電力は少なくなってますね。

価格は若干高くなっていますが(1280円)、それでも大手メーカー品より安いです。
どういうわけか、相変わらずトップバリュのサイトにこの商品は掲載されていません。


中身は前回同様ドウシシャの印字があるので、ドウシシャのOEM製品でしょう。
形状が少し違う(胴体部分が波打ってる)のですが、おそらくこちらの製品と同じだと思われます。
http://www.doshisha-led.com/SHOP/4549549211837.html



さて、
ウチではトップバリュ製品以外にも、
これらの製品を購入してます。

パナソニック
LDA10LGZ60W
http://ctlg.panasonic.com/jp/lamp/led-e26-all/LDA10LGZ60W.html
三菱化学
LDA7L-G/V2 (↓型番が若干違いますが、使用している製品とほぼ同等です)
http://www.biccamera.com/bc/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=3353666
東芝
LDA6L-G/40W
http://www.tlt.co.jp/tlt/press_release/p130711/p130711.htm


このなかで、パナソニックとトップバリュはタイムラグが無くすぐ点灯してくれるのですが、
三菱と東芝は点灯までに若干のタイムラグ(0.2~0.3秒)がありました。

廊下や洗面所等、複数の電球を取り付ける箇所では、これがすごく気になるので注意したほうがいいですね。
ご参考までに。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

LEDシーリングのメモ その2


18畳用のLEDシーリングを購入しました。

購入したのはこれ。
LEC-AHS1810C
http://kadenfan.hitachi.co.jp/lighting/lineup/led_ceiling/ahs_c/

このクラスで調べてみると、パナソニックと日立しか販売してないようです。

そこでHH-LC962AとかHH-LC972Aなどと比較したのですが、
消費電力で見ると日立の方が低く、店頭購入時に期間限定で安く販売していたのでこちらにすることにしました。

家で取り付けてみると、店頭より明るく感じられて良い感じ。
蛍光灯に比べれば消費電力も少なくなり、経費節減になりそうです。


と思ったのですが・・・

LEDにしたからと言っても、本体価格が高いので、消費電力の差額ですぐに埋まるわけではありません。
そのあたりを、ちょっと計算してみました。



●蛍光灯を使い続けた場合。
今まで使ってた蛍光灯は、30wの蛍光管(FCL)が4つ付いてました。
全部で120wだと思ったけど、実際はそれぞれの消費電力は28wなので、
合計すると、112w

一日12時間使用で月間 1045円

年間だと 12540円になります。


蛍光管は一番安いのを買えば1つ300~400円ぐらいです。(30wのFCLの場合)
4つあるので 1200円程度ですが、12000時間使えるとした場合、約3年に1回の交換になるので、
年間だと400円ぐらいになりますね。

合計すると年間の経費は12940円です。



●LEDシーリング
今回購入したのは、消費電力が約64wです。
一日12時間使用で月間 597円

年間の経費は 7164円だけになります。



年間の差は 5776円


LEDシーリングの価格が31500円だったので、
約6年経過しないと差が埋まらないことになります。



消費電力が低いと言っても、電球のように1/6~1/7程度になるわけじゃないので、
短期間で差は縮まりませんね。

光源寿命の40000時間を目安にすると10年程度は使えそうですが、
とりあえず最低6年間は、壊れずにがんばってほしい。

まあ最近の国産LEDシーリングだと、メーカー5年補償が付いてるので、極端な使い方をしない限り10年程度は壊れないだろうと思ってます。


さて、
今回行った計算を簡単にできるやつを誰かが作ってるかな?と思って探したけど、予想に反して無いですね。
電気料金の計算はこちらで行ってたのですが、
いろいろめんどくさいので、Googleスプレッドシートで自作しました。
後日、また使うかも知れないのでw
ご利用はこちらからどうぞ


ところで、水銀条約が施行される2020年以降って蛍光管の販売はどうなるのでしょう?
パナソニックは2015年度中に蛍光灯器具の生産を終了と発表してるし、他のメーカーも2~3年後にはそうなる可能性がありそうです。
蛍光管の販売はしばらく続けるそうだけど、しばらくっていつまでなんだ??w

とりあえず、
◎水銀の代替物が開発される。
◎水銀封入量を低く抑えて、今までのような明るさを実現する。

このどちらかをクリアすると、製造も可能になると思うのですが、
蛍光灯器具の生産を終了ってことは、たぶん周辺機器の開発も行わないはず。

2020年まで現状のまま製造して、それ以降は在庫販売ってことになるのかな?

あまり点灯しない所など、まだ蛍光灯使ってるところあるので、無くなると困ります・・・

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

プロフィール

エリアX

Author:エリアX
 
気になることを実験。
忘れないように記録。
こんなことをやってるブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。