スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BWT550のメモ その5


◆詳細診断の結果

この機種には詳細診断機能があり、
[スタート]→[メール/情報 診断コード]→[診断コード]
から診断できます。

故障と思われるような挙動をしなければ、特に実行する必要はありませんが、
どのような処理をするのか気になったので、実行してみました。


早速実行してみると、
異常は無いはずなのに、
「内部の回路に故障の可能性があります。」
という診断結果が?・・・
d_sindan1.jpg


電源を長押ししたり、コンセントを抜いて5分ほど放置した後に再実行を試みたのですが、
現象は同じです。

本当に故障なら困るのですが、特に問題無く動作しています。

原因がわからず2~3日後に再実行すると、今度は「異常は見つかりませんでした」という診断結果。
d_sindan5.jpg



そこでいろいろ実験してみた結果、これが原因じゃないか?と思われるのを特定。

まず、予約一覧画面で、「一部未実行」の項目を探します。
d_sindan2.jpg

履歴の内容を確認し、
「予約実行中にお客様の操作により予約を取り消しました」
という内容であれば、その履歴を削除します。
d_sindan4.jpg

実は、予約一覧画面で履歴を削除しても、履歴一覧表示では残っているので、
サブメニューから履歴一覧表示を表示します。
d_sindan3.jpg


先ほどと同じ内容の履歴を削除します。

これでOKです。


どういうわけか、この履歴があると詳細診断でエラーになるようです。

異常は無いはずなのに診断結果で異常表示が出る場合は、まずここを疑ってみましょう。




ところで、
私のレコーダーでは、BDドライブの項目に、
「過去1ヶ月以内にディスクへの読み書きに失敗した履歴があります。」
というメッセージが出ます。
d_sindan6.jpg

ふーむ?
20数枚BD-REに書き込んでるけど、エラーが出たことは無かったのに??
もしかすると、古いDVD-RAMがリードできなかった事があったけど、それかな??

ていうか、失敗した履歴があります って表示するんだったら、
その履歴自体を表示してよ!
って言いたい。


詳細診断が簡易セルフテストみたいなもんだとしても、これじゃ何が起こったのかわからないですね。
まあ、無いよりマシですが。
スポンサーサイト

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

BWT550のメモ その4


◆AVC→AVC変換の画質劣化。

AVCからAVCに変換した場合、どの程度劣化するのか確認してみました。

確認映像は、
◎DR→8倍録
◎DR→2倍録→3倍録→4倍録→8倍録

この2つを比較しています。


さて、変換した映像を比較してみると・・・
動画で見る限り、ダイレクトに8倍録したものと多重変換して8倍録した映像の差はわかりにくいです。

一時停止して比較すると違いが見えますが、
比較しなければ、こんなもんかな?と思うようなレベル。
とはいえ、多重変換のほうが劣化が大きいはずなので、常用したくないですね。

いろんな映像をBDに移動する際、収まらない時に再変換してたのですが、
録画の段階でいろいろ考慮した方が良さそうです。

まあ、2回程度の再変換なら実用になるかも?

ついでに、エクセルで作ったビットレートと録画モード変換の目安表を、スプレッドシートに取り込んでみました。
ご自由にどうぞ。(赤枠2箇所に数値入力)



◎比較画像1
動きの激しいシーンで、フレーム毎に激しく変化がある映像です。
さすがにDRはそこそこ追従していますが、8倍になるとガタガタに・・・

DR 全体画像
01dr_c.jpg

8倍録 全体画像
01x8_c.jpg

多重変換 8倍録 全体画像
01x88_c.jpg


◎比較画像2
炎っぽいものがゆらめくシーンです。
動きは激しくないのですが、こういう色合いのシーンでは劣化がわかりやすいです。

DR 全体画像
02dr_c.jpg

8倍録 全体画像
02x8_c.jpg

多重変換 8倍録 全体画像
02x88_c.jpg


◎比較画像3
キャラの髪の毛の動きが大きいです。
多重変換のほうがきれいに見えますが、実際は8倍録とほとんど変わりません。

DR 全体画像
03dr_c.jpg

8倍録 全体画像
03x8_c.jpg

多重変換 8倍録 全体画像
03x88_c.jpg


◎比較画像4
役者がゆっくり左側に向かって歩いているシーンです。
上下にも揺れているので輪郭が崩れますね。

DR 全体画像
04dr_c.jpg

8倍録 全体画像
04x8_c.jpg

多重変換 8倍録 全体画像
04x88_c.jpg


テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

BWT550のメモ その3


◆ビットレートとファイルサイズ確認

自宅受信環境のビットレートと、AVC変換した場合のファイルサイズがどうなるかをテストしてみました。
レコーダーだけで調べているので、ビットレートはファイルサイズと録画時間から推測しています。

まず、各チャンネルのビットレートを調査。
5分間録画してファイルサイズから推測します。単位はMBです。

b_ch.jpg

時間変えて録画してみたらこんな感じになりました。
平均すると、
地デジ 約510MB
BS   約695MB

ビットレートで考えると、
地デジ 約14Mbps
BS   約19Mbps
こんな感じですね。


次は、録画したファイルをハイビジョン画質(AVC)に変換してみました。
録画時間は5分間、単位はMBです。


チャンネル: NHKBSプレミアム
内容: ハイビジョン特集(動きほとんど無し)
時間: 5分間


チャンネル: NHKBS1
内容: NFLアメフト試合映像
時間: 5分間


チャンネル: NHK地デジ
内容: 相撲中継
時間: 5分間


チャンネル: CSショップチャンネル
内容: TVショッピング
時間: 5分間
ダビング10無の番組

b_henkan.jpg

概ね変換したビットレートっぽいファイルサイズになりました。
CSのショップチャンネルを録画した物は、元ファイルのビットレートが約12~13Mbpsぐらいなので、
まあこんなものかな?という感じがします。


ネット情報では、変換したビットレートに見合ったファイルサイズにならないという記事を見ることがありますが、
少なくとも私の環境ではそれなりのファイルサイズになりました。

とはいえ、
このレコーダーの1.5倍録などという表現は、あくまでBSのHD放送に対してのみ通用する言い方。
地デジでは通用しません。
地デジ録画の容量を減らすために1.5倍録などを使うと、逆に容量が増えてしまいます。
こういうxx倍録という表現は誤解を生むので、やめてほしいですね。
何も知らない素人さんを騙す言い方だと思います。


というわけで、ハイビジョン画質に変換する場合、

◎BSの場合、変換ビットレートはお好みで。
◎地デジの場合、2倍録以下で変換する。


大ざっぱな目安ですが、こうすると容量が節約できそうです。
また、番組によってビットレートが異なるので、地デジの場合は2.3倍録以下でなければ節約できない場合もあります。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

WindowsXP Proのメモ その3


マイクロソフト セキュリティ情報
を見ると、2014年1月度のリストに
Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
が見当たりません。

無いと言うことは、普通にアップデート出来るかも?

やってみると、問題無く終了。


ていうか、
◎数ヶ月前からアップデートしてないWindowsXP
◎再インストールしたWindowsXP

これらのマシンでも問題無く終了しました。


svchost100%の件が修正されてるようですね。


サポートは残り数ヶ月しかありませんが、
これで、アップデートに戸惑うこと無く利用できそうです。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

BWT550のメモ その2


◆頭切れのテスト
ネットを検索すると、Panasonic機が頭切れを起こす情報によく遭遇します。
と言っても、起こる人と起こらない人がいて、条件も特定できないようです。
個体差なのでしょうか?それとも受信環境??
私の所では全く起こりませんが、気になるのでいろいろテストしてみました。
注)ここで言う頭切れとは、予約録画において録画映像の冒頭部分が、数秒もしくは数フレーム記録されていない現象を指します。


さて、関係がありそうなところを確認してみると、

◎表示ボタンで表示されるレコーダーの現在時間は、チャンネル毎に微妙に異なる。
 チャンネルを変えると数秒で変化(若干±する)するので、これは放送波に含まれる時間情報だと推測。
◎実際に記録開始する時間は、レコーダーが表示する時間(放送波の時間)ではなく、別の基準時間で開始してる。
◎基準時間が何かは不明。しかし、117時間っぽい値で管理してる模様。
◎放送波に含まれる時間と117時間との差は最大1秒(放送波の方が1秒早い)。
◎1秒早いのはNHK Eテレのみで、他のチャンネルは多くても0.5秒程度。
◎レコーダーの詳細設定でわざと時間を遅らせたり早めたりしても、数秒で自動補正される。


ということが判明。

また、wikipediaによると、時間情報は圧縮無しで送出されてるらしい。
しかし映像は、エンコード/デコード処理が加わるので、同時に受信してる時間情報より遅れるはずです。
実際、リアルタイムに映像を見ると、レコーダーで表示してる時間より若干遅れて映像が表示されます。



これらのことから、
おそらく、レコーダーの基準時間は特定のチャンネル(NHK G?)から取得した時間になっていて、
その時間を基に録画を開始してるのではないか?
そのため、レコーダーの基準時間と放送波の時間とに差があれば、その分頭切れが起こるのでは?
と推測します。
基準時間がNHK Gではないかと思った理由は、
◎117時間にシンクロしてるのがこのチャンネルだけ。
◎NHK Gであれば全国どこでもそれなりの電波強度で視聴できるはず。
ということです。


仮に、
レコーダーの基準時間 12:00:00
放送波の時間     12:00:01
このようにズレてたとしても、デコード処理の遅延が約2秒程度加わるため記録映像には約1秒程度のマージンが付くことになります。
しかしこの方法だとマージンが少なくなる可能性があります。
もしも放送波の時間が2秒早ければ、マージンが無くなったり、数フレームの頭欠けが発生するでしょう。


価格コム情報によると、Panasonicは放送波(に含まれる情報)に合わせて録画を開始するらしいですが、
私がテストした内容から考えると、録画する放送波に合わせてるとは考えにくいです。
また、IventIDを基にして録画をしてるという情報もありましたが、これはEPGから予約設定する際にIDを取得して設定してるだけなのか、放送波にIDが乗っているのかわかりません。
仮に放送波にIDが乗ってるとすれば、全てのレコーダーで頭切れが起こるはずが無く、逆にマージンが無い状態で録画されるのでは?と思います。



さて、上記のテストは全て1チューナーでのテストです。
BWT550は2チューナー搭載なので、2チューナー録画を行った場合どうなるかもテストしてみました。

◎同時間に別番組を予約した場合。
それぞれの番組にマージンは付きます。
チューナー1 *------------------*
チューナー2 *-------------*

◎チューナー1が録画中にチューナー2が録画終了、連続してチューナー2が録画開始した場合。
それぞれの番組にマージンは付きます。
ただし、(B)の番組の最後は15秒程度切れます。
チューナー1 *-------(A)---------*
チューナー2 *----(B)------*-----(C)-------*


2チューナーを使っても問題はありません。
1チューナーで連続録画する場合は最初の番組の尻が切れますが、これは仕方ないでしょう。



というわけで・・・
頭欠けの可能性を探ってきましたが、原因はわからないですね。
しかしながら、これらのテスト結果や推測は私の環境を基にしたものになります。
もしかすると、別の環境では頭切れが発生するかもしれません。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

BWT550のメモ その1


今まで、テレビ内蔵HDDで録画してたけど、
やっぱりレコーダーが無いと不便。


そこで、PanasonicのBWT550を購入しました。


SONYのBDZ-EW500と悩んだけど、

◎長時間録画のビットレートが細かく設定できる。(21段階)
◎長時間録画でも字幕入りで記録可能。
◎SDカードスロットがある。

という点でBWT550に決定。
現時点で型落ちだけど、私が使うには十分なスペックです。



いろんな機能が搭載されてるけど、

◎お部屋ジャンプリンク
◎持ち出し番組の転送
◎ドアホン映像を見る
◎引っ越しダビング
◎3D映像の録画・視聴

これらの機能は、いまのところ使う予定無いのでテストしないかも。



以下、使用感とか不満とかいろいろ。


◆動作
少なくとも、メニュー画面の操作やブルーレイディスク再生などでイライラすることは無い。
唯一、放送波を切り換えて番組表を表示させたとき、すぐに横スクロールすると動作がもたつくことがあった。
起動時の音(光学ディスク確認の動作音)も個人的には気にならない。


◆録画モード
最初は、15倍録画って画質大丈夫?と思っていたが、思ったほど酷くない。
画質をほとんど気にせず、軽く見て消去するような番組なら、15倍録画でもいいんじゃないかと思う。
ニュース録画機能は7倍録画固定になるけど、こういう機能こそ15倍録画で行って欲しい。
まあでも、使ってるテレビが32型だから、大型テレビほど画質劣化が目立たないだけかもしれないけどね。
個人的には、残すとしても4倍録画で十分な画質。


◆自動チャプターの精度
CMを自動判断してチャプターを打ってくれる機能。
時々、番組の途中とかCMの途中にチャプター打つことがあるけど、この程度の誤判定は許容範囲。
いろんな番組を録画テストしてみると、80~90%ぐらいの確率でCMとの境界を判断してくれた。
チャプターを打つ場所は、境界から2~20フレームほどのズレがある。
普通に録画した映像を見てるだけなら全然問題無いレベル。


◆頭切れ問題
こちらに掲載


◆DR→ハイビジョン画質(1.5~15倍録画) 変換時間
DRモードで10分間の映像を録画。
それを、ハイビジョン画質に変換してみると、
地デジ → 2分50秒前後
BS → 3:20秒前後
で終了。

画面上の最初のメッセージでは、元データの実時間が変換時間として表示されるけど、
「最大それぐらいかかるかも」っていう目安なのでしょう。
変換が開始された画面では実時間の30%前後の時間が表示されるので、こちらが正しい変換時間ということになる。


◆編集
チャプターで区切った箇所をカット出来るのだが、間違ってカットしても復旧不可能。
昔使ってたアナログ時代のレコーダーは、録画ファイルとは別にプレイリストというのを作成するので、編集段階で元ファイルが消されることは無かった。
しかし、このレコーダーの編集は一発勝負。
どちらの方法がいいのか好みの問題だけど、ミスをしなければこっちのほうが楽だと思う。


◆熱
使い続けてると、本体中央部の底辺が結構熱くなります。
普通に設置するとほとんど隙間が無い状態になるけど、大丈夫なのか??
ちょっと不安になったので、防振パッドで10mm程度かさ上げして設置してます。







これより以下は不満点です。


◆長時間録画での字幕記録設定の謎
長時間録画で字幕入りの録画をするとき、
[番組予約]→[詳細設定]→[信号設定]→[字幕設定]を変更するのだが、
ここの設定は、通常放送を見てるときのサブメニュー、
[デジタル放送メニュー]→[信号切換]→[字幕]の設定と連動している。
そのため、通常放送を「切」で見てると、予約設定でも常に「切」になり変更しても記憶されない(変更した予約は「入」で録画される)。

ということは、字幕「入」状態で受信(視聴)しないと字幕入りの録画が出来ないのか?
そこで、
1、放送を視聴(字幕切)。
2、字幕を「入」にして予約。(念のためもう一つのチューナーもダミーで何らかの予約を実施)
3、予約した番組をオンエアで見る(字幕が自動的に「入」状態になってる)。
4、サブメニューから字幕を切って視聴。
この手順の後、録画を停止して録画映像を確認すると・・・ちゃんと字幕入りで記録されている。

こうなると、なんのためにこの設定が連動してるのか、さっぱりわからない。
それぞれの設定を独立して、変更を記憶するようにしてほしいですね。


◆字幕切換
リモコン上に字幕切換のボタンが無い。
字幕を切換えるときは、サブメニューを辿っていき、該当項目から設定変更する必要がある。
字幕切換だけで9/12ステップ(オンエア/録画映像再生)も踏まなければならないのは、非常に煩わしい。


◆番組録画中の制限。
◎SDカードの写真や動画を見ることが出来ない。
 写真や動画をHDDに取り込む事が不可でもいいが、見るだけなら可能にしてほしい。
(追記)DRで録画中なら見ることが出来ました。

◎メディアの単独フォーマット不可
 録画中は、BDを単独でフォーマットすることができない。
 ただし、未フォーマットディスクであっても、かんたんダビングからダビングすることはできる。

◎ネット利用不可
 「テレビでネット」は録画中は使用できない。

◎BDからのダビング不可
 BDからのダビングは出来ない。
 ただし、録画開始前にダビングしてたものに関しては、ダビングが継続される。
 その際、番組録画は1つに制限されるので、2番組録画設定(同時刻開始)してた場合、最後に設定された番組だけが録画されることになる。
 もちろん、ダビングが終了した時点で録画設定した番組は録画開始される。
 また、このような状況になった場合は、ダビングが終了するまで録画一覧を見ることが出来なくなる。


◆同時使用の機能制限
レコーダーの最大処理能力を6とした場合、各操作は以下のような感じになり、録画モードが強制変更されたりする。

ブルーレイ再生 → 4
DVD再生 → 2
録画再生 → 1
BDへのダビング → 3
DRで録画 → 1
ハイビジョン画質で録画  → 3

例1
DRモードと2倍録画で番組録画中にブルーレイを再生した。
1+3+4=7 になるので、2倍録画の番組が強制的にDRモードになる。

例2
DRモードと2倍録画で番組録画中にDVDを再生した。
1+3+2=6 になるので、変更無し。

例3
2倍録画と4倍録画で番組録画中に、録画済みの番組を再生した。
3+3+1=7 になるので、最後に録画した番組が強制的にDRモードになる。


◆おまかせ録画
次のような予約をすると、予約登録をしてくれないので注意。
1、AとBの番組が同じ時間帯で予約登録してある(おまかせではなく、任意に録画設定)。
2、おまかせ録画でCという番組が1と重なる時間帯で検索された。

この場合、おまかせ録画で検索された番組は重複するので予約されないのです。

個人的には、重複してもいいからとりあえず予約登録しておき、あとでユーザーに判断させたほうが良いと思うんだけどねぇ。
そうしないと、せっかく検索した番組をユーザーが見落とす事になる。
上記の例で言うと、AとBの番組を予約しててもCという番組があるのだったら、ユーザーの判断でAとCに変更する可能性がある。
そういうのはレコーダー側で判断出来ないのに、重複してるからという理由で登録しないのはちょっと困る。


◆リモコンの十字ボタン
録画映像を再生する時、「再生」「停止」など独立したボタンがあるけど、十字ボタンでも可能にしてほしい。
サブメニューを1回押すと使えるようになるけど(2回押すと本来のサブメニューが表示)、
そのためにわざわざサブメニューボタンを押す必要があるし、画面上にも余計な表示(十字ボタンでの操作表示)が出るので邪魔。
本来のサブメニューに移行するにも、ワンクッション多く操作する事になるという謎仕様。
通常再生時は「再生」「停止」などを割り当てておいて、サブメニューボタン等を押した瞬間にその機能をキャンセルすればいいのでは と思う。


◆リモコンの「戻る」ボタン位置
私は右手でリモコンを操作してるのだが、
「停止」「一時停止」「再生」などのボタン操作と、十字ボタン周辺の操作を同じポジション(手の位置)で操作しようとすると、
「戻る」ボタンが端にありすぎて、非常に使いづらい。
左手で操作してる人は、「サブメニュー」ボタンが使いにくいのでは?


◆リモコンのトレイ開閉ボタン
特徴の無い場所に配置されているので、ややこしい。
この配置なら、せめてボタンの色ぐらい変えて欲しかった。


◆番組表が狭い
とにかく番組表の表示が狭い。
番組表の外に以下のような表示があるため、番組表のエリアが小さくなり、見づらい。
32型テレビで見ると、縦方向は60%程度しか番組表に割り当てられない。
◎左右 → それぞれ若干の余裕がある。
◎下 → ボタン操作の案内が表示
◎上 → Gガイドの広告とテレビのミニ画面が表示






リモコンのボタン配置や操作、メニュー画面の構成などは各社特徴があるから、一概に良い悪いと言えないけど、
個人的には、使いやすいリモコンとは言えない。
両手で使ってもいまいち・・・
慣れるまで時間かかりそう。
ただし、操作に慣れても字幕のオン・オフ機能はアウト。
Panasonicって、テレビ(ビエラ)でも同じような感じで字幕のオン・オフやってるから、設計思想の問題かも。

聞き取れなかったり、語彙を確認するときとか、結構便利なんですけどね字幕機能。
まあ、そういう使い方は想定してないのでしょう。

SONYが長時間録画でも字幕記録可能だったらそっちを買ったんだけど、なぜかSONYは対応しませんね。
やろうと思えば出来るはずなのに、不要と思ってるのかな?

どうせなら、リモコンのキー設定をカスタマイズ出来る機能とか搭載して欲しい。
例えば、リモコンの「かんたんスタート」キーを既定のものと異なる動作(例えばトレイ開閉など)に変更できるとか、
そういうのがあればありがたいし、使い勝手も多少良くなると思う。



総合的に、ある程度の制約に納得できれば手頃なレコーダーだと思います。
本体75点、リモコン40点 といった感じ。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

プロフィール

エリアX

Author:エリアX
 
気になることを実験。
忘れないように記録。
こんなことをやってるブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。