スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風雲LIVE日本語のメモ その2


一部チャンネルが見られなくなってますね。

サイトの右側に、
いつもご利用ありがとうございます。風雲LIVE日本語はより皆様にご満足頂ける内容にするため、本日よりシステムの変更作業を行います。3月2日0時にサービスを再開する予定です。ご不便をおかけして非常にお詫び申し上げます。
と書かれているけど、アクセス数が増えたので対応してるのかな??

どこまで信用できるのかわからないけど、とりあえず、しばらくは様子見ですね。


(追記)
うーむ、予定日から10日経っても復活の兆候が見られませんね。
一部BSとCSチャンネルだけ残ってるので、完全に閉鎖というわけでもなさそうですが、地上波は全滅状態。
ということで、ここは諦めましょう・・・・

(追記2)
久しぶりに確認したら、再開してる!
若干コマ落ちすることがあるけど、それなりに視聴できるしw
まさか、再開するとは思わなかったわ。
スポンサーサイト

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

風雲LIVE日本語


今更感があったけど、GIGAZINEで掲載されたから、念のためにアクセスしてみると・・・

以前にアクセスしたときと比べて、全然変わってましたw

Nijiが終了した後、しばらくしてこのサイトを知ったのですが、その時は、

元映像が16:9でも、再生される画像は4:3のまま変更できず。
Nijiはコマ落ちすることが少なかったけど、こちらはコマ落ちひどい。


という有様。
あまりにひどいので、それ以後アクセスせず放置してました。

しかし今は、

16:9で再生してくれる。(ただし、4:3画像も16:9で再生される)
たまに遅くなるが、コマ落ちは少ない。


という感じでなかなかいい。


Nijiとの相違点は、
ブラウザベースで再生。
関西系列のチャンネルが無い(MBSのみ存在)。
遅延が1分ほど増加した。(Nijiは1分程度だったが、風雲LIVEは1分40秒~2分程度)

こんなところです。

気になる人はアクセスしてみてはいかがでしょうか。

アクセス先や詳細は、GIGAZINEのサイトでどうぞ。
http://gigazine.net/news/20130220-tv-japan-china/


(追記)
基本、深夜に確認してたのですが、ゴールデンタイムに確認すると遅いですねw
まあ、しょうがないか。

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

Gmail のメモ その1


Gmailでアカウントアクティビティを参照すると、何も問題が無ければ次のような感じになります。
gmail01.jpg



ところが、時々次のようなメッセージが出ることがあります。
ログアウトしていないセッション・・・」と言われても、メールとネット閲覧以外何もしていません。
ていうか、私の場合はGmailを使うときだけログインしているので(使用後はログアウト)、ログアウトしていないセッションが存在するはずがないのです。
gmail02.jpg



他のセッションをすべてログアウト」をクリックすると、とりあえず解決するようですが、いろいろ調べてもなぜこのメッセージが出るのか不明。
経験上、Cookieを削除してからGmailを開くとこの現象を回避できるようです。
(IEの場合、「ネットワークと共有センター」の中に「インターネットオプション」があるのでそこからCookieを削除。削除する時は、全てのブラウザを閉じる必要あり。)

2ヶ月ほどCookie削除で運用してたのですが、それでもたまにこのメッセージが出ます。
どうも原因は他にあるようです。

また、Googleのツールバーを使用していると、そちらのほうで何らかのセッションをオープンしてるようなので、それが原因になるらしいです。



アカウントアクティビティは、誰かが不正にアクセスしてるかどうかを確認するのには便利ですが、本人しかアクセスしてないのにこのようなメッセージが出てしまうと、ちょっと困惑します。
一応、「このアカウントは他の場所からアクセスされてないようです。」という表記があり、表示されてるIPアドレスは確かに私が使用してるものなので、不正アクセスされてるとも思えません。

Gmailの不具合でしょうか?



ところで、
実際に不正アクセスされたらどんな感じになるのか!?
というのは事前に知っておいても損はありません。

そこで擬似的ですが、簡単に実験してみました。


アカウントアクティビティで不正アクセスされてるのを検知した場合、次のようなメッセージが出ます。
しかしこの場合、家庭内で別PCからアクセスしていて、ログイン状態のままであった場合もこのメッセージが出るので、表示されているIPアドレスに注目する必要があります。
もし、知らないIPからアクセスされてる場合、「他のセッションをすべてログアウト」をクリックして、直ちにパスワードの変更をお勧めします。
(但し、ルーターやモデムを再起動、もしくは電源をON/Offした場合などは、今まで接続していたIPと異なる場合があります。)
gmail03.jpg



さて、不正アクセスしてる人物が、同じ国や同じ地域からアクセスしてるとは限りません。
いつもと違う場所からアクセスした場合、Googleは次のようなメッセージを出します。(このときフランスからアクセスしてるようにしました)
gmail04.jpg



ここで、例に書かれているように「港区」を入力してみます。
すると、「一致しないのでもう一度入力してください。」と促されます。(追記 も参照)
gmail05.jpg



ここで、「港区」と入力したエリアをクリックすると、いくつか候補が出てきます。
この中で、「日本東京都港区」を選択してみましたが、やはり再度の入力を促されます。
そこで、「日本愛知県名古屋市港区」を選択してみました。
gmail06.jpg



すると、どういうわけか、アクセス可能になりました。(おいおい)
ちなみに、↑で「日本大阪府大阪市港区」を選択してもアクセス可能になりました。
gmail07.jpg






Gmailにアクセスしてからアカウントアクティビティを確認すると、

このアカウントは他の場所からアクセスされてないようです。

というメッセージを出します。(フランスなのにw)



しかも、一度ログイン場所の設定をすると、それ以後どの場所からアクセスしても確認を求められません。
パスワードがわかっていれば、どこからでもアクセスし放題という状態になるのです。





最初、この機能(ログインする場所の確認)は、万一パスワードがハッキングされたとしても、ログイン場所の確認をすることで不正使用を防止してるのかと思ったけど、こんなに簡単に突破できるとは意外。
さらにこの機能、同一エリア内からのアクセスであれば確認メッセージすら出てきません。
もしそれが不正アクセスであったとしても、認識してくれないのです。



実験してわかったことは、
アカウントアクティビティは便利な機能ですが、
「このアカウントは他の場所からアクセスされてないようです。」
というメッセージを、全面的に信用してはいけません。

ということです、

さらに、パスワードを盗まれて、ログイン場所の設定に失敗した場合は、アクティビティの記録には残りません。
この場合、ハッキングされたことがわからないので、こういう点でも要注意です。
アクティビティは、あくまでも、ログインに成功した場合のみ記録するようです。
後日、再テストしてみると、記録が残る場合と残らない場合があるようです。

「ログイン場所の入力」は、あくまで正規ユーザーを想定してる話で、不正アクセス防止策としてはかなり貧弱なのでは?? と思います。

めんどくさいですが、
表示されてるIPアドレスは、個別に精査しなければならない
ということになります。
少なくとも前回や前々回あたりのIPは、間違いなく自分のアクセスかを確認したほうが良いです。
何者かが不正アクセスに成功して、メールを見ることが出来る状態になった場合は、アクティビティの記録に残るのですぐわかると思います。

一番良いのは、携帯端末を利用した2段階認証でしょうね。
私は複数のGmailアドレス持ってるので、めんどくさくて使用してませんがw


(追記)
2013年12月現在、入力エリアに地域の「例」は表示しませんが、何らかの語句を入力すると、類似地域のリストは表示されます。
その中で、東京地区の語句(例えば渋谷など)を入力し、表示される類似地域のリストを選択しても、
  このアカウントに関連付けられているログイン場所のどれにも一致しません。
と表示されて、アクセスを拒否されます。
しかし、東京地区以外(例えば名古屋や大阪など)を入力し、類似地域のリストを選択するとアクセスが可能になるのです。
もちろん、そのような地域からアクセスしたことはないので、このアカウントに関連付けられているログイン場所のどれにも一致しないことになります。
悪意ある人が、適当な場所を入力するだけでアクセスできてしまうので、注意が必要ですね。
このあたりの仕様は、以前と変わってないようです。

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

エリアX

Author:エリアX
 
気になることを実験。
忘れないように記録。
こんなことをやってるブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。