スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDL-32EX42H 購入メモ


今まで使ってたテレビが壊れたので、テレビを買い換えました。

購入前に調べてみると、価格が比較的安く、サイズは32前後、録画→見る→消去(そんなに残さない) という私のニーズに合ったテレビは、KDL-32EX42H と REGZAのRE2 の2機種。
でも、REGZAを購入した場合、別途HDDを購入しないと録画ができない。
RS2というのもあったけど、純正USBHDD付属というだけで割高感が・・・
で、結局KDL-32EX42Hです。

そんなわけで、買ったついでにその勢いで、気になったことをいろいろメモしてみます。
カカクコムのレビューでは、いろいろコメント書いてあるけど、実際はどうなのか!?



◆◆ 組み立て ◆◆

マニュアルによると、組み立ては二人で行うようなことが書かれているけど、
 ◎本体の液晶面を下にしてテーブル(もしくはテレビ台)の上に乗せてから、スタンドと本体を合体させる。
 ◎本体を立てた状態で天地を逆にする。その状態でスタンドと本体を合体させる。
いずれかの方法で作業をすると、一人でも十分に設置することが可能です。(下の方法の方が楽かも)
本体は11Kgなので、2リットルのペットボトル6つを一度に持てる人ならば一人で設置可能です。
量販店で購入すると、設置費用は別途必要だったりするので、一人で設置するとその分安くすることは可能ですね。
ただし、一人で作業するときは液晶面に傷が付かないように注意してください!

スタンドは、イーゼルスタンドというもので、この機種独特のスタンドになっている。
デザイン的には良いが、強度的にどうなんだろうと思っていたが、組み立ててみると思ったより強度がありました。
これはこれで、なかなか良い感じです。

組み立てた後で左右のスイングも可能。見やすい方向に首を振ることは出来ます。
上下の角度(0度と6度のみ)も変更可能ですが、スタンドと本体を取り付けているネジを違う場所に付け替えることで実現しているので、ちょっとめんどくさい。
角度をつけなくても十分視聴は可能だけど、レイアウト的なデザインを気にする人は、あえて角度をつけた方がいいかもしれません。


◆◆ 受信準備 ◆◆

電源を入れると「かんたん初期設定」が起動するので、それに従うだけ。
画質を選択する項目があるけど、ここは「スタンダード」をおすすめ。


◆◆ 画質 ◆◆

画質モードは「ダイナミック」「スタンダード」「カスタム」の3種類。
それぞれプリセットされている内容で問題が無ければそれを使えば良いです。
不満がある場合は、細かく設定変更することが出来ます。
「ダイナミック」は一見すると色鮮やかだけど、例えば光ってる物に対してのギラつきが激しく、全体的に色味付けのやり過ぎ感が強いと思う。
「スタンダード」は家庭の視聴に適したモードらしいけど、何か物足りなさを感じる。
「カスタム」は、初期のプリセット内容では、部屋を暗くして映画を見るため?と思った。

店頭で見たときに少しギラついた画質になってる場合は、おそらく「ダイナミック」になっている可能性が高いので、画質比較する場合は要注意。

結局私は画質設定をカスタマイズしたけど、ここで謎な現象が。
「スタンダード」の設定内容を、そのまま「カスタム」設定に入力して画質を比較すると、どういうわけか若干画質が異なるのです。
もしかすると、それぞれのモードでメニューでは変更できない隠された設定があるのかもしれない。

基本的な画質が、REGZAのRE2と比較すると若干白っぽくなる傾向。
しかし、慣れてしまえば気にならない程度です。(ていうか、店頭では比較対象のテレビがあるので、余計にそう感じるだけだと思う)
実際、室内に設置すると、店頭で比較した白っぽいという印象は無くなり、
むしろそれがこのテレビの良さに思えます。
それから、RE2と比べた場合、このテレビの方が黒が引き締まって見えます。(液晶方式の違いが関係?)


表示は倍速無しのノーマル方式。
動きのある画で特に気になるのは、テレビ番組の最後に登場するスタッフスクロールの文字ぐらい。
確かに2倍速や4倍速表示と比べると、シーンによってはクッキリさに欠けますが、スポーツ中継を見ていても特に画が見づらいと感じることは無かったです。


◆◆ 画面 ◆◆

画面モードは、地デジ放送を見る場合、初期設定で特に問題なかったです。
しかし、表示領域は若干トリミング量が多めに取ってある感じなので、「標準」から「+1」に変更した方が良いです。
変更すると、上下左右約1cm程度視聴範囲が広がります(トリミング量が減る)。
なお、アナログ専用のHDD/DVDレコーダーをこのテレビに接続したのですが、ワイド切替モードがあったので正常なアスペクト比で再生出来ました。


◆◆ 音質 ◆◆

「ダイナミック」「スタンダード」「クリアボイス」の3種類があるけど、「ダイナミック」以外は音に迫力が無くちょっと地味な感じ。
サラウンドは「入」にすると音に広がりが出るので、通常は「入」で問題ないと思います。
しかし、ヘッドホンでサラウンドを「入」にした音声は聞けません。自動的に通常のステレオ音声になり、メニューからの変更もグレーアウトするので、変更が不可能になります。
ヘッドホンで聞くと、つい音量を上げてしまいますが、通常音量とヘッドホン音量は独立してるので、音量を上げたままヘッドホンを外しても大丈夫です。


◆◆ 録画 ◆◆

録画モードはDRのみ。長時間録画には対応してません。
これは外付けUSBHDDも同じです。
また、内蔵HDDやUSBHDDに録画した物を、それ以外の機器に移動させる手段がありません。
「録画して見る」という行為は、録画したテレビのみで完結されることになります。
同じテレビを2台購入して、USBHDDを付け替えるだけでは録画物を見ることは出来ません。
録画できるのも放送波のみで、外部入力は録画できません。
チューナーを2つ搭載していますが、1つは視聴用1つは録画用になっているので、いわゆるW録画は出来ません。
チャプターは、6分毎の自動チャプターのみ。任意で入力できません。
そのチャプターも、前後1つのチャプターしか移動できません。(任意の場所へのチャプター移動不可)
唯一、先頭チャプターへの移動はできます。
価格が価格だけにあまり文句は言えませんが、録画に関して制限が多すぎです。


◆◆ 反応速度 ◆◆

このテレビ最大の欠点と思われるのが、反応速度の遅さ。
チャンネル切り替え、番組表の表示、メニューの表示等、どれをとってもとにかく遅い
かなりギリギリな許容範囲だけど、人によってはイラッとすると思う。
購入予定の人は是非店頭で確認してほしいです。
反応速度と書いてますが、正確には本体の処理速度と言った方がいいかもしれません。
反応が遅すぎて、個人的に使えないと思ったのは、「30秒送り」の機能。
録画したデータを再生したとき、1回押すと30秒送ってくれる機能なのだが、名称はどうあれ、こういうものはCMをスキップするための機能のはず。
以前に使っていたレコーダーでは、ポンポンポンと連続して3回押すと90秒スキップしてくれたのだが、このテレビでは同じように操作しても30秒しかスキップしない。
90秒先を表示させるためには、
[リモコン押す]→[30秒先を表示]→[1秒程度待つ]→[リモコン押す]→[30秒先を表示]→[1秒程度待つ]→[リモコン押す]→[30秒先を表示]
こんな感じで、いちいち画面を見ながらタイミングよくリモコンを押さなければならない。
CMの長さがだいたいわかってる番組だったら、手軽にスキップしたいのに、このテレビではそれが非常に難しいですね。
反応の遅さが原因で、本来の機能が発揮されてないどころか、あまり意味の無い機能になってしまっている。
ソフトのアップデートで改善できないのかな。


◆◆ サービスモード ◆◆

このモードは通常のメニューにはありません。
リモコンで特殊な操作をすると、出てくるメニューです。

メニューの内容は、以下の通り。
AV Monitor
Satellite Tuner Monitor
Terrestrial Tuner Monitor
Burning Mode
HDD Initialize
Download Setting
Panel Setting
S.M.A.R.T Check

この中から、S.M.A.R.T Checkの[Read data]を選択すると、内蔵HDDの詳細がわかります。
ちなみに私の機種ではTOSHIBA MK5076GSXが使われていました。
また、S.M.A.R.T Checkには[Short]と[Long]のボタンがあり、それらを選択すると何かのテストが始まります。
テスト終了後はログが表示されるのですが、なぜかSMART support isという項目がDisabledからEnabledに変化していました。
ていうか、なぜ初期設定でDisabledなんだ!?
一度Enabledになると、HDD Initializeで初期化してもDisabledに戻りません。
変わったからといって、今のところ本機の動作に影響がないので別にいいけどね。
(後で調べてみると、[Short]と[Long]はHDDのセルフテストっぽい感じですね。Windowsで言えばチェックディスクみたいなものかも。サービスモードならではの便利な機能です。なお[Short]は2分程度で終わりますが、[Long]を選択すると3時間程度かかるので要注意w)

で、このHDD Initializeというのは、とても気になります。
ひょっとすると、このメニューで初期化するとHDDの換装も可能? とか思うのですが、無理かな??
これはHDDが壊れた時にでもやってみようと思う。

Burning Modeは、ブルーレイ内蔵機種用?とか思いつつOFFからONに設定してみたら、なんとHDDを認識しなくなった!(汗)
再度OFFに設定したら認識したけど、これはちょっと焦りましたね。

というわけで、
サービスモードはいろいろ項目があるけど、あまりいじらないほうが良さそうです。
なお、サービスモードから抜けた後は、一度普通に電源をONにして通常起動したほうがいいです。
これをしないと、その後の挙動が不安定になる可能性があります。

サービスモード入り方。(録画中は入れません)
本体をスタンバイ状態にして、リモコンの[画面表示] [5] [音量+] [電源]を順にタイミングよく押す。
サービスモードから抜けるのは、電源OFF。

◆◆ そのほか ◆◆

高速起動
マニュアルには「リモコンで電源をOFFにして2時間以内にONにした場合速く起動する」と書いてあるけど、この説明、間違ってないけど説明不足。
実際には「リモコンで電源をOFFにしたあと一定時間は「入」でも「切」でも同じ」という状態になります。
リモコンで電源をOFFにして30分経過しても高速起動状態になってるので、利用価値があるのか無いのかよくわからない機能です。
ちなみに、画面が出るまでの時間は「入」の場合3.6秒、「切」の場合11.4秒でした。
消費電力をおさえるには、本体のスイッチで電源をOFFにすれば一番いいんだけど、それをするとタイマー録画が出来ない orz

明るさセンサー
「入」にすると確かに明るさが変化するんですが、変化の度合いがかなり微妙~~
あまりに微妙なので、私は「切」に設定しました。

リモコン
レイアウトが悪い。
特に「ホーム」ボタンが「↓」ボタンの近くに配置されてるため、誤って押す確率が多いです。
全体的な配置や大きさも、少々バランスが悪い感じです。
せっかくイーゼルスタンドで本体のおしゃれ感を演出してるのに、リモコンのデザインがそれに合ってない。
だからといって実用的な感じでもないし、すごく中途半端。



いろいろいじってみた結果・・・・
良い点
  500GBのHDDが内蔵
  裏番組録画可能
  内蔵HDDが少なければ後からUSBHDDを追加可能
  イーゼルスタンド

悪い点
  全体的な動作が遅すぎる
  USB端子は録画用USBHDDのみに対応。カードリーダーやハブ等の接続は不可。


こんな感じです。


また、搭載されてない機能も沢山あるので、
次に該当する人は、買うと後悔する可能性が大きいです!

録画した物を友人に貸したい! (このテレビで録画しても、外部メディアへの出力不可)
録画した物をDVDやブルーレイ等に残したい! (このテレビで録画しても、外部メディアへの出力不可)
3D映像が見たい! (機能が無い)
動きが速い映像をできる限りきれいに見たい! (倍速液晶ではない)
アクトビラを楽しみたい! (機能が無い)
このテレビだけでネット動画を見たい! (機能が無い)
デジカメやビデオカメラで撮った映像が見たい! (USBメモリーやSDカードなどが接続不可)
DLNAを利用して他の部屋でも録画した番組が見たい! (機能が無い)
2番組同時録画したい! (1番組しか対応してない)
おまかせ録画をしてほしい! (機能が無い)
外部入力を録画したい! (機能が無い)



とはいえ・・・
手軽に使うには動作が遅いという特徴を除けば特に問題なく便利です。
あえて欲を言えば、4倍録画機能ぐらいは搭載してもよかったんじゃ無いかと思いますけどね。
まあ、40000円前後で購入できたので、コスパは良い買い物だったと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

プロフィール

エリアX

Author:エリアX
 
気になることを実験。
忘れないように記録。
こんなことをやってるブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。